黒四つ四国犬・まろの日々

四国犬まろがやってきた! まろこ一族、増殖中!

June 2019

今朝、雨が降る前に散歩いっちゃおう! となりまして。

散歩序盤でうまいことまろこを巻いたきぃと、ばったり再会。


 IMG_4199



え、これはもしやシャッターチャンスなのでは! 




IMG_4200



どう?  どうよ? 



IMG_4201
 



これは上手に撮れたんじゃね?www


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

たちゅこが亡くなって、そろそろ1年。



IMG_1411



やっと笑顔で思い出話ができるようになりました。



まろこやきぃを連れて歩いていると、

顔なじみのご近所さんから、あのこ、最近見んなあ、どうしたん? と聞かれることもあり

亡くなったんですよー とさらりと答えられるように。


IMG_1320




そうなんやー、今にも死にそうやったもんなあ  (´;ω;`)

と悲しんでくださる方も多いのですが、



そうだったっけ   ?   (´・ω・`)



と首をかしげる今日この頃。




IMG_1347




たちゅこは筋炎と診断されました。

いろいろ調べた結果、個人的には免疫介在性多発性筋炎だったのではと思っています。



様々な治療を施しましたが完治にいたらず、

獣医の先生からは「だんだん歩けなくなるかも」と言われ、そのとおりになりました。








お散歩は大好きで遠くまで行きたがるんだけど、帰りは抱っこかカート。

ダーリンが抱っこして帰路についていると、

通りすがりのドライバーが指さして笑顔で通り過ぎていったってさww

抱っこされてると幸せそうだったからね〜〜




BlogPaint




ぶーが生まれてからは、まあ、可愛がって可愛がって。



IMG_2223







健康だったら、いいおかあさんになっただろうね。


帰ってきてすぐに入院になって、

今になって振り返ると、本当はあのときがたちゅの死に時だったのかも、

私の気がすむまで付き合ってくれたのじゃないか、と思うこともあります。



そんな罪悪感は、ぶーの存在が払拭してくれますけれど。




 


ぶーと一緒にいる間のたちゅは、本当に幸せそうだった。



完全な幸福も不幸もなく、いいことと悪いことはいつも半々。
 



IMG_2528
 



愛犬を亡くして、

ああしてればよかったか、こうしてればよかったかと

ぐずぐず考えない愛犬家はいませんよね。



仕事と生活のあり方を考えるようになりました。



我が家のワークライフバランスは人と犬の幸せのバランスの追求であるww

設備投資、環境整備が必要であります。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加


 この本ね

IMG_4179



目次はこんな感じ。



fullsizeoutput_14ea

 


「繁殖の仕方」の冒頭ですが。



IMG_4177
 



まろこちゃんをいただきに上がったとき、

私も最初はオスがいいかな、と思ってたんです。 

直前に亡くした愛犬がオスだったのと、

我が家の周りはこのご時勢にも関わらず野犬がうろうろしてるので

純血の女の子の管理が自分にできるのかと不安だったので。



やんわりメスをすすめられ、でてきたまろこちゃんに一目惚れ! 




あ、運動量がオスよりは少ない、中型のメスの写真がこちらです。

小型と同じようにお飼いになれます。


スクリーンショット 2019-06-15 12.11.33



はい、チャチャ入れはほどほどにww



ある意味、まんまと諸先輩の思惑にのったというわけですが、

結果として、女の子をいただいてよかったなあとしみじみ思います。




それからあと一つは、子犬を産ませる喜び。

これは実際問題として、わが娘を嫁にくれたのと同じで、

そのお宅へいって発育状況を見たりすると、

そこのうちの家族と作出者の家族に親戚同様の人間関係が生まれます。





いや、ほんと、これよ、これ。犬親戚。

うちは最初が三代目さんちで、ほんとよくしていただきました。

ぶーやんはかおりんさんちだし、現存のろっぴきずもみんないい方のところに落ち着いて。



fullsizeoutput_14e5



中型の伸びるきっかけになる。



師匠をはじめグループのみなさんにお世話になりながら

もう、なんもわからないままここまで来まして

中型が伸びるきっかけにはなれてないと思うけど、

うちから巣立っていったこたちがそれぞれに伸びていってくれたらいいなあ。



反面、オスは環境に恵まれることが本当に難しいと思うので、

次に作出をしたら、良いメスから嫁ぎ先を探して、多少不出来でもオスを残そうかと思うぐらい。

結果、この本通りに、次はオス、とか思ってるわけで・・・・



ほんと、もう、先輩方の思惑どおりに! ! www



たいして調べもせず突撃するにも関わらず、

わたし、いつも師に恵まれるんですよ。

犬もおなじだったわ。ありがたいことです。


そんなこんなで、読書の日々は続く。





さて、こちら今朝のまろこちゃん。

IMG_4170




換毛は終わりかけ。

今年はしっぽがとみに赤くなっております。



IMG_4168



黒四つ目といっても真っ黒じゃなくて、

隙あらば赤が表にでようしている様子。四国犬っておもしろいねえ。





そして、げじょが腰を落として目線を合わし写真を撮りだしたので

びっくりして耳がたちまくってるまろこさんがこちらwww




IMG_4172




 
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の記事を見て、不憫に思われた先輩から

日本犬の本を、たくさんお借りしました。ありがたいーー  (´;ω;`)


fullsizeoutput_14c9



あまりの希少本が多くてお借りするの怖かったのですが、

ご厚意に甘えて、ありがたくお預かりさせていただくことに。



私の蔵書は、私が死んだら地元の古書店の店主に引き取ってもらうことにしてるので、

万が一にも紛れてしまわないように、但し書きを各本にセットアップ。


BlogPaint



誠文堂新光社さんは、どうもその道の老舗のモヨウ。 ふむふむ。

文化的背景が重厚なジャンルは、

Don't think, Feel

が第一歩と心得ておりますもんで、書籍や知識から入るのは避けておったのですが・・・・




いや、嘘です。

読んでもわかんなかっただけ。

ここ数年ですよ、やっと用語や単語程度がわかるようになったのは! ! 



相変わらず読んでもわかんないところは、

わかった気にならず、わからないまま、あたためておくこと。これ基本。





今はこの2冊に夢中。



IMG_4157




吉田悦子さんの文庫本は、どこをめくってもいいお話ばかり。

対談集は、もう口をあんぐり開けて読み込んでしまいます。




希少本を抱えたまま、あれやこれやとお話しながら、

当ブログの話になりまして。




うっきぃさんのブログは面白い。


えへ (´∀`*)



ただし、写真がひどすぎる。


・・・(・∀・)



まろこちゃん・きぃちゃんの良さが

これっぽっちも伝わらん!  





・・・・・・・  Σ(・ω・ノ)ノ 






うん、そうね、現実から目をそらして生きてきたわね、わたし。




いいですか、腰を落として!

目線を犬と合わせて!





はい!

IMG_4150




あ、目つぶってる。

えーと、もう一回・・・・・




IMG_4151




きぃちゃん、動いちゃダメ 




IMG_4152
 



近い、近いよ



IMG_4153





・゚・(ノД`;)・゚・





腰を落として目線をあわすと、笑顔で寄って来ちゃうように、

ええ、そんなふうに過ごしてきましたんで。

道は遠いぜ・・・




ま、とりあえず散歩いくか。






この動画のラスト、

二重扉の中でまろこが執拗に匂っているすのこの下に脱皮したばかりの蛇がいて

庭にも大きな抜け殻が発見され、

うっきぃが、ご近所さんが駆けつけるほどの叫び声をあげたのは、また別のお話。



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ